NEWS

2015年 4月

先週末

2015/04/27

先週は皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか?

昼間暑く夜寒い、風邪引きやすくなるだろう天候はなかなかに手強いですが、でも暖かいのは気持ちが良くてよく寝られますね!

体温が上がると免疫力が上がるそうですが、気温とともに気分も少し上がる気がします。いつも上がってますけど!

先週土曜日はひっさしぶりに横浜方面に行きました。

野中貿易という海外の有名楽器メーカーを数多く取り扱う会社の一室が馬車道ピアノサロンとして貸し出ししており、最近知り合ったばかりの上原裕子さんというピアニストのコンサートがあるのでお手伝いに!

本当はお客さんで聞きたかったんですけどスタッフを手伝って欲しいとのことで何年かぶりに受付と、カメラマンをしました。いや〜写真って難しい!

終演後の和気あいあい感を出してみました。   
こちらは野中貿易のエース、桜庭さん。本人もフルートを演奏され、もちろん売られているスタンウェイを始めとした楽器にも詳しく、受付の手伝いもしてくださり、お客さんへのフォローもそれはもう素晴らしい対応でした!これがプロですね!

 

桜庭さんの後ろにあるスタンウェイのアラベスクというピアノ、これね面白いんですよ、高すぎて値段言えないって言ってましたけど蓋の開けるところが普通と違うんですよね、びつくり!是非見学にいらしてください!

上原さんのピアノはこの日も暖かくて受付の緊張が和らぎました!お友達のサックスの方もすんばらしくて、お名前が…広島の方だそうで6月にまたこの二人で広島でコンサートするそうです!広島の皆さん要チェックですよ!

さて、翌日日曜日には三軒茶屋にあるサロンテッセラにコンサートを聴きに行きました。

  
一番後ろの席から撮ったんですけど雰囲気伝わりますか?ソプラノ、ヴァイオリン、ハープ、そして我らが石塚幸子さんの4人の美女だらけコンサート。まず空間が素敵!

演奏曲目は当日のお楽しみが好きなので始まる寸前まで知らなかったんですが、ヴィラネルというフランス歌曲?がすごーく好きでそれが入っていたので楽しみでなりませんでした!

春らしい選曲はどれも素晴らしくて…でも、やはり日頃聞く機会がダントツで少ないハープ!特に素晴らしかった!

弾き方一つとっても指痛そう!とか、え?どう弾いてるの?って見てるだけでも楽しいし、音色がスーッと入ってくるんですよねぇ。良かった!
もともとソプラノ、ヴァイオリン、ピアノの仲間たちで組んでいるところにゲスト的にハープの方が入っていたけれど、今後も四季折々のテーマを入れながら更に素敵な企画に進化していくだろうなぁと思いました。

category:grazie

ハイEs

2015/04/26

嬉しかったので書きます。

5月にドニゼッティ作曲のランメルモールのルチアというオペラにでます。

場所やコンセプトからそんなにすごい衣装や装置はないと思われますが、そんなことよりテノールとしての役を歌わせてもらえるのはありがたいことです。

そして話が来た時に楽譜をよく見ずに、アリアと最終幕を勉強していたから受けてみたんですが、出だしに自分が歌うエドガルドと主役のルチアの二重唱があるんです。

あった時はこんな遅くにごめんねなんて言って、でも結構長いこと説明するんですけど、君のこと好きなんだけどいろいろ問題あって、あれやこれやいうんだけど、結局愛してる〜って2人で歌うんです、その時に勢いつきすぎて、高いミのフラットいわゆるハイエスまでだすんですね、最初楽譜見た時ピアノが弾くんだなって間違って認識してて5度見くらいしたんですけど、壁越えたいから無理して出したら出たんです。

ハイエスまででるって知ったんです。実はそれよりいくつも低いラとかシの方が出しズラいときがあるんですけど、HiCとかHiEsがでるんだって知りました。ありがとう西さん、ありがとうドニゼッティ。 
先日ある方のお宅で餃子作りました、餃子と子供大好きです!

   

それから現在順調にあれを作っています!

ホームページでもそのうち出しますがあれでます!

ここに前に書いたこと結構忘れてるので重複してること沢山あってごめんなさい。そしていつも見てくださってありがとうございます!

category:grazie

小休止

2015/04/21

1月から本当にコンスタントにコンサートや小劇場でのオペラを歌ってきました。

正直なところ、予定が入る喜びとテノールとしてこれをやりきるのはなかなか大変かもなぁという不安までいかないけどざわつきがあったけれど、やってみるとやってよかった事ばかりだし、なによりやったからわかった事が沢山あったのでこの機会を与えてくださった関係者の方皆様、そして来てくださった皆々様に感謝御礼申し上げます。

 4月16日に人生で初めて人前でドイツ歌曲を歌いました。ドイツ歌曲の中でも一際派手であろうシュトラウス作曲の4つの歌の中から3つを歌いました。なぜ3つなのかって一曲あんまり好きではなかったから、ただそれだけです。笑

今回は高校のときから知り合いのチョコレート大好き石塚幸子さんことさっちょこがコンサートを主催していて、本当に細やかな対応に、ああ、見習わねばと思いました。

そしてソプラノには最近知り合ったばかりの村元彩夏さん、某イケメンの結婚披露宴で一緒に歌ったのがきっかけでいつかこの人と歌いたいって思ってたのが実現!

お客様にも大変喜んでいただき気持ちのいい終わりになりました。

しかーし!最近知り合った方から懇親会へのご意見をいただきました。

僕たちは懇親会の数時間の間その方と話すことができずにいました、その方にとっては意味のない時間にさえなっていたと思います。懇親出来ない会はただの食事会ですからね。今後はもっとその辺りも工夫せねばと気付かせてもらった会になりました。

  その懇親会でのカンパーイ!

  

除菌ウェットティッシュを配りました、風邪引きたくないからね!

  

この日もエレガント!

 

こちらは今時の白を着こなしてらっしゃいます!

 

お見送り〜

 

ちゃんとしてるのに目閉じてるやつ。

  

一応変顔してるつもり…

一番笑ってるかな。

  

いつも助けてくれる音楽家の受付の美女たち!

 

category:grazie

先日の4月4日の三人のテノールコンサートを機にヴェルディ作曲のオペラ仮面舞踏会のテノールの主役役が決まりました!どんな舞台になるか全くわかりませんが以前バリトンとして出たことのあるこのオペラ、楽しみでなりません!是非楽しんでる隠岐速人を聴きにいらしてください!

4月

  • 11日(土)オペラ“椿姫”ジェルモン役in橘音楽堂
  • 16日(木)コンサートin紀尾井町サロンホール

5月

  • 24日(日)コンサートinレストラン(関係者のみ)
  • 30日(土)オペラ“ルチア”エドガルド役in千葉商科大学

8月

  • 2日オペラ“ラ ボエーム”ロドルフォ役in川崎市中原市民ホール
  • 日程未定コンサート

9月

  • 11日(金)オペラ“仮面舞踏会”リッカルド役in町田

12月

  • 日程未定コンサート
  • 日程未定コンサート

category:grazie

まだ残ってる

2015/04/06

自分が出した高い音が、というか高い音を出した時の映像がまだ残ってます隠岐です。

なんか上からの映像が残ってて、興奮してよく眠れません。笑

いつもご迷惑をかけている大木耳鼻咽喉科の皆様にはまた変更の電話をしました、いつもごめんなさい。

さて、コンサートの翌日は翌週の椿姫の最後の稽古でした。11日に本八幡の駅前のしんっぴんのホールで歌うのですが、本当にしんっぴんで綺麗なのですが、歌いやすかったです!疲れた喉を響きが助けてくれて、11日はいいジェルモンが歌えそうです。

乾杯の歌やそれぞれのアリアが聞き応えあってさらに二重唱も熱い、厚いものばかりだし、アルフレード役の江頭君とは新年の両国の時からの付き合いなので、お互いにその時とは違うアプローチで、でもお互いのやり方わかってるからやりやすくなってます!

ジェルモンが良い人なんだか悪い人なんだかこれって受け取る人次第だと思うんですけど、字幕が出ると字幕のニュアンスも結構でかいですよね、今回は会場に元からついているでっかいテレビに字幕が出ます!

今後ここではコンサートやオペラがたくさん催されるでしょうね!

さ、今日は4/16の紀尾井町サロンホールのコンサートの練習です!会場で練習できるありがたさ!人生初のドイツリート、シュトラウスさんと仲良くなります!

category:grazie

Tre Tenori ancora

2015/04/05

本日はお忙しい中、三人のテノールアンコール公演にお越し下さり、また下さらなかった方々も本当にありがとうございます。

このページを見てるという事は気にかけてくれてるということなので、この場を借りて感謝申し上げます。

今日は特に、特に感謝の気持ちでいっぱいで、なんでって上手くいったからです。

そりゃもう単純に上手くいきました。想像以上でした。

この所トゥーランドットの誰も寝てはならぬを歌う機会が増え、というか増やしてたのですが、高音への恐怖を少しずつ少しずつ高音を出す喜びに変えていっていたのですが、今日、テノールなら誰もが出したいハイCの音を人前で初めて披露する日でした。

実は練習の時も出はするけど納得のいくものではなく、当日までに上手く調整しようとそのことばかり考えて過ごしていました。

誰も寝てはならぬを歌えるようになるのも約1年半かかってるので、それよりも高くて曲自体の長さもあるこの難しい曲をいかに歌うかは僕だけではなく世界中のテノールが考えていることだと思います。

今日はハイCを出す曲で有名なラボエームの冷たき手をを歌ったわけですが、そこからミミのアリアを経て二重唱も演奏しました。このなかでアリアと重唱でそれぞれ1回ずつハイCがあり、これをいかに歌うか、それが、それが難しさであり喜びなんでございます!

今日この曲を万全の体調で人前で歌えたこと、そしてお客様に良かったと言っていただけたことはなににも変えがたい喜びでって本当によく出来すぎて怖いので真面目に書いてます。笑

今日も歌う前にじいちゃんばあちゃん、ご先祖様って祈ってから行きましたが、やはりなにか見えない力が守ってくれたと思います。今後もしっかりと力をつけて、脱力しながらもスカッとするテノールを目指して頑張っていこうと思います。気持ちよく帰路につけて本当に良かった!泣

実は今月もう一回この流れをやります。2回目も肝心なのでしっかり準備したいと思います!

   

   

category:grazie