NEWS

grazie

書きたいことが山ほどあるのですが、書いてたら信じられない量になりました!

落ち着いてかきたいのでとりあえず最終日の様子だけ!

category:grazie

みなさん、あの天才子役の名をほしいままにしたこの方を覚えてらっしゃいますでしょうか?

僕はドンピシャで見ていたので、本人を目の前に稽古でいつもソワソワしています。

稽古の時にでる独特のオーラが周りの劇団員を良い意味で支配し、それぞれの個性を最大限まで引き出させようとするその姿に毎回刺激を受けます!

それに応える劇団の方々も楽しそうに、しかし真剣に取り組んでいます。毎回ドキドキワクワクです。

この縁は中学の時からの友人で特に目立っていたため、学校が違うのに未だに繋がってくれている松永くんという面白い男がいまして、彼からうちの劇団の主題歌を歌ってくれないかというお誘いから舞台にも少し出させていただく事になりました。

すでにチケットも何名かの方に購入いただきましたが2日間6公演もありますので、まだ少し席に余裕があるみたいです。

いろんな意味で面白い、でも黒田勇樹の魔法にかかった頼もしい劇団の方々の生き様を是非見にいらしてください!

category:grazie

ポリープがあると診断されてから半月、沈黙と他にも投薬などもがきにもがいて、なんと赤みが引き、引いていっていました!

まだ完治とまではいかないのですが、核の部分が落ち着き、あとは輪郭が元の声帯の形に戻るのを待つばかりです!

まだ数週間は静かに過ごす日々ですが、切らずにすんでなによりでした!

そしてなによりいつも歌えることがどれだけ幸せなことなのか分かった時間でもありました。

声帯が充実していくのを待つばかりです!

category:grazie

10月の出演

2017/09/22

書きたくない事、というか書く機会が訪れるとは思っていなかったことを書きます。

それがすでに過信だったかもしれませんが、どうしたら防げたのか自分でもわかりませんので、現状をそのまま。

7月に少し体調を崩し、喉が赤くなってるだろうなぁと思っていましたがそのあと調子が戻り声も出てきたのでそのまま歌っていました…が、9月に入りオペラ、コンサートと続いたあと少し喉が掠れる感じがあるので診てもらったところ…まさかのポリープとの診断でした。

ポリープというと丸い玉みたいなものがあるイメージでしたが、ぼくのは声帯に寄り添う形の細長いものでした。

しかも歌うときに高音に差し掛かる所にあるため高い音が特に出ないという状況です。

お医者さんはこれはテクニックの問題ではなくて事故だとおっしゃってくださいましたが、逆にテクニックがあったらこうはならなかったのかな…とも思います。何が原因なのかも正直わかりませんが、ポリープは内出血からなるものだそうで身を削って歌った証とでも言いましょうか、いつも喉頑張ってくれって思ってたから頑張ってくれたんだと思います。

ポリープとなると切る、または凄く休むしか治す方法がないのですが、はっきり言って切るのは精神的に怖すぎる。どうしても、もし、もし万が一声が出なくなってしまったら…と考えずにはいられません。

なのでとにかくいまは声を出さずに休ませていただくことにしました。

もし少しも良くならなければ切ることになると思いますが、その時はどんな気持ちになるのか想像もつきません。

そんなわけで、10月の演奏活動は全てキャンセルさせていただきました。

楽しみにしていただいていた方々、本当に申し訳ありません。

category:grazie

携帯が

2017/09/14

故障により変更したため、ブログの更新が遅くなりました!

さて、カナダはモントリオールに行った翌週、なんと劇団に登場します!

今でも忘れない、友人松永くんが演じた座◯市。その劇団の主題歌を歌わせていただくことになり、また出演させていただくことになりました!

劇団にお呼ばれするのは初めてです。

どんな風になるのか今から楽しみです!

以下チラシと詳細です!


劇団八幡山ほしがりシスターズ
5周年記念第6回公演『進撃の白雪姫と四十七人乗っても大丈夫な蔵』
●あらすじ

「鏡よ鏡、この世で一番美しいのは誰?」
世界一の美貌を持つ白雪姫は、継母である王妃の嫉妬を買い、城を追い出されてしまいます。
心優しい狩人に助けられ、命こそ助かった白雪姫ですが、何日も森を彷徨いたどり着いた先には、小人に身をやつし、君主の仇を討つ機会を窺っている四十七人の浪人たちが暮らしていました。
楽しい暮らしも束の間、小人たちは『いつか、屋敷の周りに大きな壁を作りその外を巨人たちに守らせている新世界の神・キラ上野介を倒さなければいけない』と言います。
初めは小人たちを応援する白雪姫でしたが、やがてこの泰平の世に仇討ちをすることの意味を知ることになるのです。
●公演日程

2017年11月25日(土)

13:00〜/16:00〜/19:00〜
2017年11月26日(日)

12:00〜/15:00〜/18:00〜

※開場及び当日券受付は各回開演時間の30分前より
●会場

阿佐ヶ谷アートスペースプロット

住所:東京都杉並区阿佐谷南1-9-10
●アクセス

東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ヶ谷駅」より徒歩5分

JR中央線「阿佐ヶ谷駅」より徒歩8分
●チケット

<前売/当日> 2,000円

<1日通しチケット> 4,000円 

※各チケット+豪華5周年記念特製ゴージャスリーフレット付き(1,000円相当)
<プレミアムチケット> 10,000円

 (1)3公演分の通し券(他のお客様をどかしてでもご希望のお席をご用意致します。)

 (2)お好みの団員とチェキ

 (3)お好きなドリンク(1公演1本)

 (4)サイン入り豪華5周年記念特製ゴージャスリーフレット

 (5)団員たちによる公演前後のVIP待遇

  

 ●チケット発売

 2017年9月22日(金)12:00より

 http://ticket.corich.jp/apply/85823

 <購入方法>

1日通しチケット・プレミアムチケットをご希望の方は、

「ご希望日の13:00」のみをご予約ください。

●キャスト

ぴこちゃん/松森真由 ※ダブルキャスト

松永翔太/☆ガーリー/春日(社畜)/西山志之祐

新藤江里子/根本信一/小宮山武士/宮沢天/青柳みつ子(ほしがりBBA)

ソソギ/北澤美恵/吉田史織(ダーヨシ)

ツカモトタダシ/黒田勇樹

葛西祥太(劇団クロックガールズ)/細江美里(群青椿)/Яieko

前田圭一(激団リジョロ)/井原正貴/侑華/大西昌史

隠岐速人

他、40人以上
●スタッフ

作・演出:黒田勇樹

演出補:イサムハガー(有情報)

音楽:井本元己

照明:ハツムラカズミ

宣伝美術:tadasix

制作:山屋光子

製作:松永翔太
題字:斎藤このむ(激団リジョロ副団長)

主題歌:隠岐速人
●協力(順不同)

激団リジョロ、劇団チキンハート、株式会社IPA、STUDIO543、松本哲也
●協賛

ゴーゴー!シアターゴーワー

●諸注意事項

・開場及び当日券受付は各回開演時間の30分前より。

・当日チケットでのご入場は開演10分前より。

・豪華5周年記念特製ゴージャスリーフレット(1,000円相当)は各日お1人様につき1部までとなります。

・公演日のいずれかでDVD用の動画撮影が入ります。

・開演直前にご来場いただきますと、演出の都合上、冒頭よりご覧いただけない場合がございます。お早めにご来場ください。

・お体が不自由な方は備考欄にご記入下さい。

狭い劇場ですが、可能な限り配慮した席をご用意させて頂きます。

・お子様連れ(乳幼児可!)大歓迎!

・予約完了後すぐに、自動返信メールが送信されます。

URL付きメールの受信を拒否されている方は、設定を解除してください。

info@hoshigari8.comよりメールをお送りしますので、受信できるように設定をお願いいたします。

●お問わせ先

info@hoshigari8.com(制作)

●公式HP

http://hoshigari8.com

category:grazie

突然ですが…

2017/09/14

11月にカナダの国際オペラガラコンサートに出演する事になりました!

決まるまで正直実感が湧かなかったのですが決まってしまいました!しっかり準備していま出せるものを出して来たいと思います!

また改めて詳細記載いたします!

category:grazie